« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月曜日)

ひとりごと④試合の勝ちと負け

ヒデのボルトンが「FA杯昨季覇者」アーセナルを破りました。

私はここに、この試合について書けるほどの知識を持ち合わせてませんが、この試合結果を見てちょっと思ったことを・・・・・。

昨年末、某社会人ラグビー部の監督を務める友人と電話で話していたときのことです。彼のチームが所属するリーグより上のリーグに行けそうなところまで来ているとのこと。

でも彼が言ったのです「次、あたるチーム、絶対に勝てないんだよね~。強いんだもん。」

あんたバカじゃないの。監督がそんなこと言っていてどうするのよ~。ばかばか。

で、次に私が頭にもなかったセリフを言いました。

「絶対に負けないって思ってる格下のチームに負けることあるでしょ!それと同じじゃない。相手だってそう思うときがあるはず。勝つときは勝つのよ!」

・・・彼はハッて思ったようでした(たぶん・・・笑)。

我ながらなんか良いこと言ったなぁ~。

で、結局その次の強いチームには負けてしまったようでした。でもその後、やはりそのチームより格上のチームと対戦し、勝利したようです。結果、今も入れ替え戦が続いているとか。

最初から諦めては何もできません。いつでも「絶対勝ぁつ!(スラムダンク風に)」っていう気持ちじゃないとね。

ボルトンも勝ってよかったですね、ヒデ。早くリーグ戦にも出場してね(^o^)丿

2006年1月29日 (日曜日)

憧れの人 チェ・ゲバラ

Che Guevara・・・本名をErnesto Rafael Guevara de la Serna といいます。

おととし、『Motorcycle Diarys』という映画が上映されました。若き日のチェが南米を旅するお話。流行りましたよね~。恵比寿でずっと上映されてましたね。この映画を見て、なぜ彼が革命家になったのかが、なんとなくわかりました。それを伝える為の映画だったんじゃないかな。

彼に興味を持ったのは、7年前。キューバのサンティアゴ・デ・クーバという街に行ったときでした。ここは革命家のふるさと、といわれる街らしい。彼が亡くなって30年も経っていたのに、街のあちらこちらに彼の写真(よくTシャツなどでみかける)がありました。ま、この前年に彼の遺骨が発見された為なのかもしれませんが。。。。。こんなにも愛される外国人(彼はArgentine)ってすごいな~って思ったものです。みんな「Che」「Che」って話してくれます(スペイン語、わからなかったけど・・・)。それまではゲバラ=ゲリラのイメージがあって(似てるし)、あまり良いイメージはなかったのですが、払拭されました。

で、なぜ今日Cheの話題か、というと・・・先日Cheの映画が作られるという記事を発見したからです。国連が映画撮影に協力・・・。なんてことは私にとってはどうでもよく、Cheの映画がまた作られることに喜び!!!を感じました~。

何年か前に一度Cheの映画を見ました。確か東中野にあった「BOX東中野(現ポレポレ東中野)」で。ドキュメンタリーっぽかったなぁ。

カストロと共にキューバ革命でバティスタ政権を倒し、その後キューバで国立銀行総裁(似合わない・・・)などを歴任したけれども、結局彼はキューバを離れ、アフリカや中南米のゲリラ戦に参加しました。根っからの革命家・・・「人、ひとりひとりの権利を尊重」したかったのではないでしょうか。

ボリビアの山中で潜伏中、あのベレー帽をかぶった写真を見たことがあるボリビア兵に発見され、Che本人とわかり銃殺されました。

恐らく今回作られる映画に彼について詳しく描かれると思います。

私がキューバに行った後、偶然にも新聞でCheの特集を目にしました。そこにはキューバを離れた後、変装してキューバにいる家族に会いに行ったCheについて書いてありました。お嬢さんのコメントだったのですが、「小さかった私は父とは気づかず、後からわかった」と。恐らくボリビアに行く前だったのではないかと思いますが、死を決意し、その前に家族に会いにいったのでしょうね。

早く今度の映画を見たいです。その名も「Che」らしいです。

2006年1月28日 (土曜日)

松中、かっこいいなぁ

ホークス・松中選手が2012年までの7年契約で合意したらしい。これは日本人選手最長。

彼曰く「球団が本当に必要としてくれていることが分かった。(主力が)どんどん抜けていく中で、僕は最後までホークスにいる」

なんてかっこいいのでしょう♪

井口も渡米、城島さまも渡米。

イチロー然り、松井さん然り・・・日本のプロ野球で、光る選手はみんなメジャーに行ってしまった。

つまらなくなってしまった日本のプロ野球で、彼のような実力者が残るという確約をしてくれるのはとてもうれしい。

かつて城島さまを応援しに西武ドームに通っていた頃、自分の中ではどちらかというと地味な存在だった松中選手。でもいつもしっかりと仕事をしてくれている松中選手。

当時、城島さまを「MR.  Hawks」と呼んでいたが(勝手に)、本当の「MR.  Hawks」は松中選手かもしれない。

来シーズン、怪我に気をつけてフル出場!してください!!!!!(^o^)丿

2006年1月27日 (金曜日)

中国茶

初めて中国茶を「飲みに」行きました。

中華料理の後に飲むことはあっても、わざわざ「飲みに」行くことは初めて。

行ったお店は横浜・中華街にある「翡翠」というお店。よくわからないまま「大紅袍」というお茶を頼みました。

お茶を持ってやってきたのは店名の「翡翠」を意識してか、翡翠色のチャイナドレスに身を包み、ついでにアイシャドーも翡翠色のお姉さん。

Hisui 最初にお茶を洗って・・・次に香りを楽しんで・・・急須の上からお湯をかけて・・・などお茶を入れる手順を教えてくださいました。

へぇぇぇ~っ、うわさにだけどは聞いていたけど、こんなことするんだぁ・・・なんて感心しながらちっちゃな湯のみ(って言わないのかな?)に入れてもらったお茶を一口。

うわぁぁぁ・・・思っていたより、強めな香り。「香り高い」と表現したほうがいいのかしら。くせが無く飲みやすいお茶でした(表現に乏しい・・・・・)。

【大紅袍】武夷岩茶の最高位を誇る幻の茶葉。清楚な香りの余韻が長い。

と説明書きに書いてありました。幻だったんだ・・・ガンガン飲んじゃった。お茶も本望かしら。確かに何杯入れても香りがありました。

お抹茶を点てて飲むことはあっても、中国茶を作法手順を踏んでいれたことはないので、ぜひ今度茶器を買っていれてみたいと思います。

とりあえず「桂香茶(キンモクセイの香りを移した緑茶)」と「薔薇紅茶(薔薇の香りを移した紅茶)」をお持ち帰りしました。茶器がまだ無いから普通に緑茶・紅茶のようにいれるしかないけど、お天気の良い休日に、の~んびりいただきたいと思います。

2006年1月25日 (水曜日)

もうすぐTorino・モーグル②

上村愛ちゃん、左ひざを痛めて緊急帰国しましたが、ご本人のブログをみると完治まであと1週間ほど、とのことでした。ホッとしました~。トリノ、間に合いそうですね。ブログを見る限り、とっても元気そうだし。

ぶっつけ本番になるそうですが、3度目のオリンピック!メダル目指してがんばれ!!!

おいしいジュース

先ほど、永福町のおいしいイタリアンのお店La piccola tavolaに行ってまいりました。ここの大きな釜で焼くピザは、生地がもっちりとしてとってもおいしいのです。普段はパリパリのピザが好きだけど、ここのは特別♪ナポリ人のピザ職人が焼き上げてくれます。その技も見もの。

今日の意外な発見は、このお店の「マンゴージュース」と「レモネード」がとってもおいしかったこと☆ マンゴーは濃厚な味で、レモネードはレモン1個使っているとのこと。友達と二人で両方飲んでしまいました(*^。^*)

ん?なんで私がイタリアンに行ってジュースを飲んでるかって?それは昨晩飲みすぎたからです。。。。。(^^ゞ

でもおかげでおいしいジュースに出会えました♪

2006年1月24日 (火曜日)

ひとりごと③どこにいってしまったのだろう・・・

構造計算書偽造事件のニュースって、最近あまり見かけませんね。

ライブドアばかり・・・・・。

はて・・・・・?

2006年1月23日 (月曜日)

俺さま城島さま、いっちゃった・・・

大好き☆元ホークス城島さまがシアトルへ旅立ちました。

私の中では「THE 日本のプロ野球選手」だったのだけどなぁ。みんなメジャーに行く中、彼だけは行かないと思っていたのに。。。

あのどんな球でもぶるんぶるん、フルスィングする城島さま。土壇場でも最後まで諦めない城島さま。家族を大事にする城島さま。近くで見られないなんて・・・・・。大好きな人はみんな海外にいっちゃうよぉ。

でもBaseball playerである以上、自分の力をもっともっと高めたいのだろうなぁ。

その昔、西武ドームに来た城島さまを宿泊ホテルでお見送りし、そのまま西武ドームへ練習から試合を見に行ったものです。ここはあの頃の超ミーハーの私を思い出し、Seattleの Safeco field まで応援に行っちゃおうかな~。その昔、「城島さまとイチローの対決をみたいっ!!!」と言って、周りの人を困らせた私(だって東京在住だから・・・)。Seattleでは同じチームで活躍する城島さまとイチローを見る事ができるのね~☆

あっ、でも今ちゃんがレッチェに行ったら、イタリアにも行かなきゃ~♪いそがしいそがしっ(汗)。

そういえばあさっては今ちゃんの誕生日!やっと23歳なのね~。

大久保君、初ゴール!

久しく表立って名前を聞かなかったマヨルカ・大久保君。今期初ゴールを決めましたね~。

よく日本人PLAYERにとってスペインは鬼門、とか聞きますが、彼だけはそのジンクスを打ち破ってくれると期待していましたが、最近では「やはりそうなのか・・・」と思い始めてました。

私は「他人に憧れること」ってあまりないのですが、大久保君に関しては「大久保君になりたい!」って思うものです。
あれは2004年3月18日、みぞれ(確か)降る国立競技場・・・。アテネオリンピック最終予選UAE戦でした。あの時の「ゴールにボールを押し込んでやれ!」という彼の果敢な攻めに、精神的にもフィジカル的にも憧れを覚えました。寒くて寒くて凍えそうな試合でしたが、彼のプレーには熱いものを感じました。

まぁ、まだ1点目、やっと1点目ですからなんともいえませんが、今後も活躍して欲しいですね。

2006年1月22日 (日曜日)

おいしいビストロ

このところ、なんだかオイシイモノ続きです♪

オイシイモノって・・・またまた「ファイヤー・キング・カフェ」にいってHEMP BEERを飲み、翌日は「東京基地」でレッドストライプを飲み・・・・・ってビールばっかり(~_~;) でも最近、洋モノビールすきなんですよね~。「東京基地」ではカルボナーラのリゾットも頂きました♪

そ・し・て・・・今日は広尾の「ビストロ・ド・ラ・シテ」に行きました!1年ぶり~。って今日は2回目だけど。

200601211951001 私はフランスに行ったことないのですが、今日一緒にいったフランス通の後輩が「パリっぽいお店!」と言っていました。赤を基調とし、絵がたくさんかざってあって、板張りの床。なかなかなインテリアです。

200601212002000私は「お惣菜サラダ」と「鴨のコンフィ」を頂きました。鴨はラズベリーソースでした。付け合せのポテトもおいしかったです~。

そうそう、フォアグラのテリーヌも頼んだのですが、すごーーーーーーーいボリューム!ヴァニラ風味でおいしい!!! いくらおいしくても、大食漢4人でも食べきれない量でした。そうしたら「お持ち帰り」にしてくださいました♪

パンも天然酵母のパンでおいしかったです。

デザートのチョコレートケーキは粉を一切使っていない濃厚なケーキでした。しっとり・どっしり・ねっとり・・・って感じ。もうホント大満足でした~。

一緒に行った友人たちも満足してくれた模様♪ みんなでリピーターになりましょうねっ♪♪

駅弁大会

私、知りませんでした。新宿・京王百貨店の「駅弁大会」を毎年老若男女みんなが待ち望んでいることを。

ある日の昼休み、会社の先輩に「駅弁買ってくるよ~」と言われました。「もうそんな時期なのね~」と隣の後輩。ありがたみをよく分からないまま「摩周の豚丼」をお願いしました。おいしかった(*^。^*) これが初日。

その後、男性の先輩も「家族に買って帰るんだ♪」とか、お昼に買ってきたりしていました。

これは自ら現場へ赴かねばならない!と思い、初日から1週間ほどたったある日、お昼のベルサッサでいざ、京王百貨店へ!!

人・ひと・ヒト・・・・・。なんじゃぁ、こりゃぁぁぁ。おじさん・おばさん・おねえちゃん、いろいろたくさんごちゃごちゃしていました。平日ですよ!

200601191239000ヒトをかきわけ、なんとか「輸送駅弁コーナー」にたどり着き、広島駅直送の「しゃもじかきめし」をget!!  なかなかのボリュームでおいしかったです~(*^。^*)

峠の釜飯やいかめしなど、みんなそれぞれ楽しんでいました

それにしても日本人って駅弁好きですよね。来年もいこぉっと♪

2006年1月18日 (水曜日)

松陰せんせ~い

数年前、確かNHKで『蒼天の夢』というドラマがありました。

タイトル↑の「松蔭せんせ~い」は、その時のcrazy高杉晋作役だった野村萬斎さんのセリフです。ひく~い声で発音してください(笑)。

恥ずかしながら日本史をあまり勉強していなかったので、吉田松陰先生に関してあまり知りませんでした。幕末の長州の思想家、というくらい。

で、この『蒼天の夢』を見てやっと彼がどんな人かを知りました。ドラマの中では中村橋之助さんが朴訥とした松陰先生を演じました。朴訥とした中にも情熱を持っている人だったみたいです。

先日、吉田松陰寄寓の跡に行って参りました。

Dscn1414 アメリカへ密航しようと黒船ペリー艦隊に乗り込もうとし、失敗して隠れていたところです。

Dscn1413 こんな天井裏に隠れていたそうです。天井裏といえど意外と明るいお部屋でした。

松陰先生は「人は学んだことをどう実行するかが大切」と松下村塾で説いていたそうです。なるほど、彼の行動力は素晴らしいものです。鎖国下の日本においてアメリカへ密航だなんて。。。

幕府の限界を感じ、新しい国を求めた吉田松陰先生。明治維新で活躍した人物たちに多大な影響を与えた人。安政の大獄で斬首された時、彼はまだ30歳だったのですよね。よく見る肖像画は熟年ですが。。。

明治維新の10年前に亡くなってしまいましたが、もし彼が維新の時、存命だったら歴史の表舞台に立っていたでしょうか。私はそうは思いません。寄寓の跡で彼の足跡をたどりながら思ったのですが、きっと隠居生活を送っていたのではないでしょうか。。。。。

2006年1月17日 (火曜日)

過去は過去

またまたヴェルディネタです。な~んか気になってしまうチームなんですよね。

みんな出て行っちゃいましたね。MORIは残っているのかな。山田卓也もセレッソとか。誰が残ってるのかしら。

昔のヴェルディを愛するメンバーが指導者として戻ってきても、肝心なヴェルディを愛する選手がいないとね~。

そんな中、永井君が戻ってくると。ホントかなぁ。

今、琉球にいたのですか。2004年シーズンは大分にいましたね。味スタで行なわれたヴェルディ戦で「もしかして出るかも♪」なんて見ていたら、ホントに出ました。見に行ってよかった~と思った試合でした。

・・・と、いうことで、どんなチームになるのですかねぇ、2006年シーズンのヴェルディ。ここまできたらワクワクするようなチームにしてください。そう、今年は2006年、21世紀になって5年もたったということを認識してね、ラモス監督。

いろいろあった1日でしたね~

今日、1月17日はなんだかイロイロなことがありましたね。報道機関の皆様、お疲れ様でした。

1月17日といえば11年前の阪神淡路大震災の日。一瞬にしてたくさんの方に悲しいことがおこりました。決して忘れてはならない日です。

あの日、たくさんの家が倒壊したのに、構造計算書の偽造なんて・・・信じられないことです。人の命をなんだと思っているのでしょう。

人の命、なんの罪もない幼い子供たちの命も17年前に奪われました。彼は死刑ですか。死刑もどうかと思いますが。。。。。

そして、Scapegoatは堀江さん。なんでこの時期に・・・って思った人はたくさんいるはずですよね(笑)。念には念を入れて・・・ってことでしょうか。「ホリエモン」がどう乗り切るかミモノですね。

2006年1月16日 (月曜日)

竹野内はやっぱりかっこいい♪

『輪舞曲~ロンド~』見ました♪やっぱり竹野内はかっこいい。

よく「芸能人で誰が好き?」と聞かれると、面倒だから「竹野内」と答えるようにしています。でも「面倒だから」を撤回。ステキです~。

声もステキだけど、口でセリフを言っている彼にはあまり感じないのですよね。

彼の魅力は、その表情。

表情でモノを言う。そんな感じがします。

ところで今度の役柄、なんとなく『人間の証明』の時と設定が似ているような。幼い頃に父を殺され、その復讐をする・・・。刑事だし。幼馴染の女性もいたり。同じじゃん!!

今後の展開が楽しみです~。

Justice 、かわいいですね~。フレンチブル、欲しくなりました♪それにしてもJusticeって名前、今度のドラマにあってますね。お友達が置いていった犬、と言ってますが、お友達がつけた名前なのか、彼がつけた名前なのか・・・・・・。

大黒くん 祝・初出場

グルノーブルでの初出場、おめでとうございます。

あっという間でしたね。ついこの間、フランスに行ったばかりなのに。

やはりまだまだ連携をとることが難しそうですが、これからどんどん練習して、どんどん試合に出て、どんどん慣れていって、がんがん活躍して欲しいですね。

そして早くラオウも渡仏できるといいね。ラオウもきっと早く会いたがっているでしょう。

2006年1月13日 (金曜日)

加地君とうとう・・・・・

加地君、さようなら。ガンバに行っちゃうんだね。淋しいなぁ。加地君が後ろにいると安心だったのに。。。。。

去年の加地君はすごかったぁ。特にコンフェデからは人が変わったようだったな。顔も変わった気がする。たくましい顔になったと思います。ワールドカップもあるし、もっともっと良い選手になるでしょう!

で、その後は・・・徳永くんが復活するから、ま、いいかぁ。彼もすごいですね。早稲田を1部昇格に導き、バレンシアにも行きかけ(?)て・・・・・。そんな彼が後ろにいるのも安心です。

徳永君との出会い(ぷぷぷっ)も今野くんと同じ2003年のワールドユースでした。国見から早稲田に行ったということだけで「タダモノではないな」って浅はかな私は思いました(^^ゞ でもそれもまんざらではないような気がします。ワールドユースではもちろん、FC東京での活躍・アテネでの活躍・早稲田での活躍。。。。。そして2006年は加地君がいなくなったFC東京での活躍を期待しています!

ところで今野君、どうなったんだろうなぁ。本人ははっきりしたコメントはしていないようですが。。。。。。怪我は良くなったかなぁ。。。。。。

2006年1月12日 (木曜日)

ひとりごと②男の色気

お花屋さんの前を通りかかったとき、1人の男性がしゃがみこんでた。

「何してるのだろう?」とさりげなく覗いてみたら、彼は自らお花を選んでいた。

今、彼の顔をまったく思い出すことは出来ないけど、鮮明に覚えているのは彼の「手」。

お花を選んで、花器から抜いているその「手」。

決してしなやかな手だったわけではなく、どちらかというとゴツゴツした「手」。お花たちとはつりあわない「手」。

けれど、その「手」に、妙に男の色気を感じた。

2006年1月10日 (火曜日)

ヒットのそれぞれが作品*イチロー

ミズノのホームページに、1月8日に開催されたスポーツ・シンポジウムの様子が掲載されていました。豪華ゲストたちのパネルディスカッションの後、村上龍さんとイチロー選手の対談があったそうです(生で聞きたかったぁぁぁ)。

その中でのイチロー選手の言葉「ヒットのそれぞれが作品なんですよ」。

確かに芸術的製作物ですよ、彼のヒットは。

以前、雑誌か何かで低迷していた時のイチロー選手が言っていた言葉を思い出しました。

「苦しいけど、バッティングに終わりはない。これで終わりというものがないから救われる」

ボーダーラインをひかずに、常に自分を細かく分析し、そして進化し続ける。その進化の過程で生み出されるヒットの数々。なるほど、「作品」以外何ものでもないです。

イチロー選手の「作品」を、ぜひこの目で見てみたいなぁ。

2006年1月 9日 (月曜日)

ひとりごと①

1月半ばになろうとしている今になって、2005年を振り返ってみました。

なんだかバタバタしていたな~。。。。。

自他ともに「転勤」に左右された年だったかも。

会社に入ってかなり経つけれど、初めて人間関係で悩んだ年。

1人暮らしを始めてから、お友達をたくさん家にお招きしたけれど、昨年は1月に2名ほどお招きしただけ。自分の生活だけでいっぱいいっぱいだったなぁ。

今日、近所に引っ越してきた後輩の家に遊びに行ってきました。最後に彼女に言われた言葉・・・「もう自分を癒してもいいのではないですか?」

今年はもっと余裕を持って、楽しい生活を送ろう。

ちょっとちょっと今野く~ん!!

サッカーストーブリーグ、真っ盛りですね~。

ヴェルディの相馬君は浦和ですか。。。大悟(小林)君も大宮に移籍するという記事を読んだような・・・・・J1にこだわるのですね、きっと。玉田君もJ1のクラブに移籍するんだろうな~。中田浩二はイスラエルに行けばいいのに。太陽サンサンの明るくてステキな国なんだけどなぁ。

ま、それは良いとして・・・・・。

某スポーツ紙に「今野 レッチェから正式オファー」という記事が!(>_<)

今野君本人も前向きとのこと。そうだよね~・・・・・。

ホントに行っちゃうのかなぁ。その記事にはFC東京の見解が書かれていないのですよね、なぜか。FC東京は彼を手放してしまってもいいのかなぁ。。。。。

今野君が世界に飛び出していくのはとても嬉しい。でも味スタや小平で彼のプレーを見ることが出来なくなるなんて・・・・・とっても淋しい(;_;)。

レッチェはイタリアの「かかと」のあたりなんですね。イタリアに見に行くか・・・・・。

2006年1月 8日 (日曜日)

きれいな海

東京からそんなに遠くない某観光地へ1泊旅行しました。

昔、とある浜に結構頻繁に海水浴に行っていました。とってもきれいな浜辺で、ここで海水浴したら、もう湘南なんて行けない!くらいのところです。

年末、友人に「温泉行きたいね~」というと、「海を見ながら温泉に入りたい!」という言葉が返ってきて、その頃の思い出が蘇りました。その浜辺の上に建っている旅館を思い出し、早速予約!

最後にその浜に行ってから10年近く経っていると思うのですが、相変わらずきれいな浜辺でした。

Dscn1401 夕方お散歩に行ってみました。季節はずれのせいか、ゴミがほとんどなく、お水もとてもきれいでした。サーファーも結構来ていました。

Dscn1408

朝の景色です。 6時にはサーファーの車が到着していました。まだ暗いのに。。。。。この写真は7時過ぎていたかな。

この景色を見ながらの温泉は格別(^^♪ でした。

東京からそんなに離れていないところに、こんな素晴らしい土地があるなんて、まだまだ捨てたものではないですね。地元の方にはこの浜を、いつまでいつまでも、美しく保っていて頂きたいです。

2006年1月 5日 (木曜日)

Happy Circle

本屋さんで立ち読みしていたら、こんな文章に出会いました。

幸せな人が書いた文章しか、人を幸せに出来ない

私としてはこれ↑はあまり好きな文章じゃないな。同じことだけど

幸せな人が書いた文章は、人を幸せにする

が、いいです。

ま、それはどうでもよいのですが、文章を媒体とした、幸せな人からの「幸せ」のおすそ分けってことですかね。

つまり幸せの循環、Happy Circle。

思い当たる節、ありませんか?

2006年1月 4日 (水曜日)

イチロー、演技が意外に上手!

今、ドラマ「古畑任三郎」を見ていました。イチロー選手、演技が意外と上手じゃないですか!

「元スポーツ選手」がタレント転してドラマに出ても、がっかりしたことが多かったです。スポーツしていたあなたがステキだったのに・・・・・と。そして今夜「現役スポーツ選手」の、それも「マリナーズ・イチロー」がドラマに出るなんて!!見たくないわ!!!と思いながらも見てしまいました。。。。。がっかりすることを前提に。。。

し・か・し

がっかりするどころか、なかなか良かったです。そりゃぁ知名度はあれど、演技に関してはド素人の(ハズの)彼。なのに表情の作り方なんて、その辺の役者のタマゴさんより相当お上手じゃないのでしょうか。滑舌も悪くないし。へぇ~~っ・・・・・(感心)

何をさせても、見る側を楽しませてくれるイチロー選手。今年も魅せるプレーを待ってま~す♪

2006年1月 2日 (月曜日)

バーゲンは私を「オンナ」に変える

「オンナ」ってバーゲン好きですよね、一般的に。

私はあまりバーゲンって好きじゃないのです。人ごみは苦手だし。

そういいながらも友人に誘われるがままに行った初売りバーゲン。

「スカート」「アクセサリー」「ベルト」等々・・・・・。買っちゃいました(~_~;) 私の「オンナ」の部分が目覚めました。

魔力、持ってるわ~・・・・・・・・・。

戌年ですね

毎年思います。干支ってお正月を過ぎれば忘れるって。

先日、戌の石鹸を頂きました。実家に持っていったら甥が「名前をつけよう!」と言い出しました。

「エト」

姉と私、同時に同じ言葉を発しました。。。。。(~_~;)

バカな姉妹だ。。。。。

戌年ということで面白いわんちゃん写真をご紹介♪

Photo  ←赤ちゃんの時はこ~んなにかわいかった愛犬小梅ちゃん。

 

Dscn0784

←大人になるとお顔が恐くなっちゃった。。。。。これでも女の子です♪

優しいパパと新しいママのもとで、幸せに暮らしているかな・・・・。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ