« 憧れの人 チェ・ゲバラ | トップページ | きんかん「たまたま」 »

2006年1月30日 (月曜日)

ひとりごと④試合の勝ちと負け

ヒデのボルトンが「FA杯昨季覇者」アーセナルを破りました。

私はここに、この試合について書けるほどの知識を持ち合わせてませんが、この試合結果を見てちょっと思ったことを・・・・・。

昨年末、某社会人ラグビー部の監督を務める友人と電話で話していたときのことです。彼のチームが所属するリーグより上のリーグに行けそうなところまで来ているとのこと。

でも彼が言ったのです「次、あたるチーム、絶対に勝てないんだよね~。強いんだもん。」

あんたバカじゃないの。監督がそんなこと言っていてどうするのよ~。ばかばか。

で、次に私が頭にもなかったセリフを言いました。

「絶対に負けないって思ってる格下のチームに負けることあるでしょ!それと同じじゃない。相手だってそう思うときがあるはず。勝つときは勝つのよ!」

・・・彼はハッて思ったようでした(たぶん・・・笑)。

我ながらなんか良いこと言ったなぁ~。

で、結局その次の強いチームには負けてしまったようでした。でもその後、やはりそのチームより格上のチームと対戦し、勝利したようです。結果、今も入れ替え戦が続いているとか。

最初から諦めては何もできません。いつでも「絶対勝ぁつ!(スラムダンク風に)」っていう気持ちじゃないとね。

ボルトンも勝ってよかったですね、ヒデ。早くリーグ戦にも出場してね(^o^)丿

« 憧れの人 チェ・ゲバラ | トップページ | きんかん「たまたま」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中田が思うように試合に出場出来ていな
いですね。
個人的見解では、中田本人と、チーム選
択に問題があるのでは?と考えます。

中田は、昔、もっともっとプレーがダイ
ナミックだったのに、今は極力個人プレ
ーを減らし、リスクが少ないプレーを心
がけているような気がします。
つまり、組織プレーを志向しているとい
えば聞こえはイイですが、彼のよい所も
自ら抹殺しているようで残念です。

一方、ボルトンというチームは、一言で
いうと草サッカーのように”古き良き”
ゲーム運びのため、中田のいう「詰まら
ないサッカー」の典型と思えるのですが
・・・

じゃあ、どうしろと?

考えるに、答えは二つ。自分にあうよそ
のチームに移籍すること。

もう一つは、チームメートと監督が中田
を絶対としてゲームをつくるような、そ
んな存在になること。つまり、今のボル
トンの戦術を根本から変えてしまえるよ
うな。

いずれにしても、中田自身が覚醒しない
と、永遠に解決し得ない問題のような気
がします。

(長文スミマセンでした)


スポーツはメンタリティが大事とか、勝者のメンタリティとか、
よく言いますが、私も試合に向うキモチが大事だと思います。(ジーコもよく言ってますね)

最初から負けると思って試合に向えば、当然負けるだろうし。
キモチで負けなかった、自分たちを信じていた、から
野州は鹿実に勝って全国優勝できたんだと思うし。

ヒデに関しては、大事なのは本人が楽しんでプレーできるかどうか、だと思う。
制約が多かったイタリアより、自由に動けるボルトンで、今は少しずつプレミアに馴染んでいるところですよね。(イナなんて、プレミアに馴染むまで4年もかかったんだよ)

私的には、本人がプレミアのサッカーも、
イギリスの自由な生活も楽しんでる様子なので、ボルトンに移籍してよかったな、と思います。

プレミアは試合数が多いし、試合に出てない訳じゃないのよ。
リーグ戦でスタメンになれるかどうかは、
これからの彼の頑張りと体力次第ってことで。(運動量が半端じゃないからね・・)

しかし、ヒデに関しては、もう少し前向きな報道が欲しいものです。(1月に契約なし=監督に見放されたとか。どーしてそうなるの?)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/559466

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと④試合の勝ちと負け:

« 憧れの人 チェ・ゲバラ | トップページ | きんかん「たまたま」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ