« ひとりごと⑤京都でよみがえる記憶 | トップページ | お抹茶 »

2006年2月20日 (月曜日)

Torinoで思うこと③

トリノではなかなかメダルがとれなく、もどかしい思いをしている人も多いかと思います。私もそうです。

でも、オリンピック前のことを思い出すと、それも当たり前かな~って思う節があります。

「オリンピックに出ることが出来て嬉しい!」「出るからにはメダルが欲しいです」といったセリフを代表選手からよく聞きました。

最初からメダルをとるために競技をしている訳ではなく、まずは「オリンピックに出ること」が目的。

それも当然だと思います。国の国旗を付けて出場することなんて、素晴らしいことです。

でもそれではメダルはとれない。

メダルをとることができる選手って、「出場」よりも「メダル」又は「頂点」が最初からの目的なんではないのかな。そのレベルの選手だって数多いから、上位3名に入れない人もいる。日本の選手でもそのレベルでメダルを逃した選手は数多いです(愛ちゃんしかり・・・)。

最初から「オリンピックに出ることが出来て嬉しい!」なんて言ってしまった選手にメダルを求めるのは、ちょっと無理なような気がします。

そんな選手も「次」の機会にはきっと学んで「メダルをとりにいく」ようになるのではないでしょうか。学べば・・・ですが。

とはいえ、日本の選手のメダル、見たいです~。フィギュアがんばれ!!今日はジャンプ団体♪

« ひとりごと⑤京都でよみがえる記憶 | トップページ | お抹茶 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/772515

この記事へのトラックバック一覧です: Torinoで思うこと③:

« ひとりごと⑤京都でよみがえる記憶 | トップページ | お抹茶 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ