« 代々木*アジアの台所 TUK TUK | トップページ | 国分寺*殿ヶ谷戸庭園 »

2006年11月 3日 (金曜日)

サントリーホールで都響を・・・

その日は朝からのどの調子が悪かったのですが、とりあえずお仕事へ。

悲しいことに、その日のお仕事は新商品棟での撮影で、室内だというのに終日コートを脱げないほど寒い思いをしていました。そして声のトーンがdown down down...

今日はA吉さんとサントリーホールで都響のオーケストラを聴きに行くのに・・・。

そんな私の焦りとは裏腹に、気温は下がる一方、撮影は滞り気味。。。なので、いわゆる「定時」になったらサクッと帰ることに。

さて、六本木一丁目まで急げ~~!!

駅で待っていてくれたA吉さん。私の声にならない声にびっくり!風邪、うつしたらゴメンね・・・、と思いながらホールに入りました。

初めて来たサントリーホール。ここにはパイプオルガンがあります。かつて母校にパイプオルガンがやってきた時に「ここのパイプオルガンはサントリーホールの次に大きいのよ」とシスターが言っていたのを思い出します。

そして開演。ドキドキ。。。

演目は 

「マニトウ」マリー・シェーファー   シェーファー氏ご自身がいらっしゃっていました。ひょこまかひょこまかした曲。まさに「マニトウ(精霊)」

「ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35」 チャイコフスキー  矢野玲子さんのヴァイオリンがダイナミックで素晴らしかったです。A吉さん曰く「フランス仕込みだね」。ホント、全身を弦に委ねて奏でているかのような演奏でした。

「管弦楽のための協奏曲」ルトスワフスキ  なぜかハープに引き込まれていた私。ポロ~んポロ~ンのイメージが強かったのですが、これまたダイナミック。

チャイコフスキー以外は聴いたことのない曲だったので、オケ初心者(入門者)の私としては何も言えません。。。ただ、と~っても具合が悪く、身体が重く、ひどい状態であったのにもかかわらず、終演後はとっても気持ちがよくて、ついついワインに走ってしまいました☆

やっぱり音楽って素晴らしい!!!

« 代々木*アジアの台所 TUK TUK | トップページ | 国分寺*殿ヶ谷戸庭園 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

その後、声の具合はいかがでしょう?
せっかくの連休なのにお酒、飲めないのかしら。。。
復活して大量消費したい際にはいつでもお申し付けください。復活祭しましょう!!

そういえばあの日のワイン1杯以来、まったくお酒を飲んでません(>_<)
来週あたり大量消費したいものです☆
声は電話をすることが出来るくらいになりました!
飲み屋のママ状態です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/4051068

この記事へのトラックバック一覧です: サントリーホールで都響を・・・:

» ルトスワフスキ作曲、管弦楽のための協奏曲 [yurikamomeの『祝.「鎌倉スイス日記」復活。ああよかった』]
 なかなかエキサイティングな毎日を過ごしているのですが、たまにはちょっと重圧を感じることもあるのです。  でも巨額を采配するのはそう言いながらも悪い気分でもないのです。 今日は、ルトスワフスキ作曲、管弦楽のための協奏曲。ロルフ・クライネルト指揮、東ドイツの方のベルリン放送交響楽団。  破壊と緊張のアジタートのドラマトゥルギー、この奇天烈な音の応酬は、迫り来る危機を予感させながら聴き手を挑発し追い立てるのです。  爆音の中にひそんでいるさめざめとした薄ら寒さはダモレスクの剣の下で行われている楽... [続きを読む]

« 代々木*アジアの台所 TUK TUK | トップページ | 国分寺*殿ヶ谷戸庭園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ