« ブルームズベリーというところ | トップページ | 初☆プレミアリーグ »

2006年12月17日 (日曜日)

大英博物館というところは・・・

大英博物館に行ったのは2回目。

何度行っても圧倒されるあの「中身」。

Britishmuseum1だって、館内にこ~んなのがあるのですよ!

こ~んな像も。Britishmuseum2 ギリシャ・エジプト、世界中のあらゆるところからの収集品にはいつも驚かされます。

さすが大英帝国。どこからでも持ってきちゃってる(ーー;)

でも、そのおかげで・・・私たちはひとつの場所で世界中の歴史的美術品を見ることができます。それもフリーで。(しかも写真OK)

2006_1213londonparis0113今回おもしろかった発見はこれ。

Oceanusのモザイク画です。オケアヌス・・・恐らくその名の通り海神だと思われます。口から水が流れてるんですよ!さすが・・・海を創っているのかしら。

イギリスって物価は日本人でも驚くほど高いですが、美術館や博物館がフリーで入れるところがいいですね。良心的。

今回の旅行は「大英博物館をじっくり見る」ことが半ば目的であり、歩いてすぐのホテルに宿泊したのですが、いろ~んなところに行き過ぎて、なんと見学時間が3時間のみ(;O;)

もう1回行かなきゃっ!!

« ブルームズベリーというところ | トップページ | 初☆プレミアリーグ »

London&Paris」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

彫刻たち、首から上がないのはなぜ?

発掘時にとれてしまったのかしら?
盗掘とか。
でも、身体の一部がないと、想像力がわきますね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/4583788

この記事へのトラックバック一覧です: 大英博物館というところは・・・:

« ブルームズベリーというところ | トップページ | 初☆プレミアリーグ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ