« 労働者なんちゃら駅伝 | トップページ | 11-A.REPUBLIC☆Debut »

2007年11月12日 (月曜日)

同期鮨

お仕事が定時まもなくあがれたので、お向かいのビルにあるお医者様へ行き、順番を待っていると・・・奈良で営業をしている同期のIkuちゃんからメールが。

「今、I田のところにいるよ」

同期のI田君は入社前からの仲良し。倒れられたお父様の後を継ぎ、家業のおすし屋さんを営んでいます。タケ先生の治療院から近いこともあり、帰りにたま~に1人で寄っています。

「いるよ」って言うということは「おごってやるから来い」と言われていると判断。治療が終っていそいそとI田君のお店へ向かいます。

奈良にいる割には良く会うIkuちゃん。既に出来上がっていました。お母さんに「今日は早いわね~」と言われる(^_^;) すみません、前回はお店が終ってから来ましたね・・・私。

200711122026000Ikuちゃんに追いつこうと、まずつまみから入ります(実はマイペース)。

さっさとビールを飲んで「生酒」へ。

先代の大将が「鮨にはこの酒が一番合う」と言っていたのを忘れられないOtome。その頃はまだ日本酒の飲み方がわからなくて、毎回撃沈していたものです。。。

ぷわぁ~っと花が咲く生酒。たまんない。

さんまのお刺身をにんにくで頂きます☆ 明日仕事だけど、いいんだも~ん(*^。^*)

Ikuちゃんと語った訳じゃないけれど、I田君と3人でなんだか懐かしく、居心地の良さを感じながらおいしいお鮨を頂きました。

なんだかIkuちゃんもI田君もオトナになったな~・・・。いつまでも子供気分でいられないな~と感じた夜でした☆

« 労働者なんちゃら駅伝 | トップページ | 11-A.REPUBLIC☆Debut »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/8936353

この記事へのトラックバック一覧です: 同期鮨:

« 労働者なんちゃら駅伝 | トップページ | 11-A.REPUBLIC☆Debut »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ