« 5周したご褒美☆ | トップページ | 恵比寿*お久しぶりのAILA »

2007年11月 1日 (木曜日)

フィラデルフィア美術館展

珍しく「両親とお出かけしよう!」「フィラデルフィア美術館展に行こう!」と思ったOtome。

そんなことをm嬢さんとお食事中にお話ししていると、母から電話が入りました。

「お父さんが熱を出したから、明日は行けないよ」

がーーーーーーん\(◎o◎)/!

でも、しょうがないね。残念だけど。父上、大丈夫かしら?

 

200711032313000 なので、1人で上野・東京都美術館へ行きました。

平日でしたので、そんなに混雑はありませんでした。良かった(*^。^*)

 

ルノワールの「裸婦」など女性の肖像画も素晴らしかったですが、「フローリン ステットハイマー」の『ベンデルの春のセール』、「ジョージア オキーフ」の『ピンク地のカラー』に会えてよかったです。

『ベンデルの春のセール』はヘンリー・ベンデルでしょうね。あの階段(一度しか行ったことないけど)。赤を基調に、カラフルなドレスを纏った女性たちでキャンバス埋めている絵。セールに対するオンナの意気込みが伝わってくる絵です。笑える。

『カラー』はね、ただただやさしいの。やわらか~いピンク色。その上に白いカラー。

どうやら私は女流画家が好きらしい。

とはいえ、ピカソのキュビズム・・・『三人の音楽家』なども楽しく鑑賞しました。

モネ、ゴッホ、セザンヌからモディリアーニ、写実主義から現代のアメリカ美術まで・・・フィラデルフィア美術館には様々な絵が所蔵されているみたいですね。

いつか行ってみたいです。

« 5周したご褒美☆ | トップページ | 恵比寿*お久しぶりのAILA »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/8747873

この記事へのトラックバック一覧です: フィラデルフィア美術館展:

« 5周したご褒美☆ | トップページ | 恵比寿*お久しぶりのAILA »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ