« 桜の中の激走 | トップページ | 桜とギターとランナーと・・・ »

2008年4月 3日 (木曜日)

お久のブルーノート

Charles Lloydじいさんのサックスを聴きにBLUE NOTEへ行きました。

・・・って会社の先輩がm嬢さんと私を誘ってくれたのですが・・・。

会社を出る直前に上司とドンパチがあり、一度は諦めたのですが、頑張って頑張ってお仕事して、なんとか開演2分前に到着!汗だく!

前を見るとIDEEが無い。なんだか淋しい。

そんなことを思いながら、先輩とm嬢が待つ席に座る。飲み物オーダー、すぐに始まる。

サックスの甘い音色・・・ドラムスの意外な動き。バチさばき。

じいさんがドラムスの方に演奏をお任せして、おさぼりしていたのを見逃しませんでしたsmileまあ、すごいドラムスのテクニックだったので・・・許す。

今日の収穫はBLUE NOTEでも照明が「く」なるということ。アリなんだ。

ドラムスの方はEric Harlandさんとおっしゃるらしいです。これからが楽しみですねnote

    

« 桜の中の激走 | トップページ | 桜とギターとランナーと・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/12283659

この記事へのトラックバック一覧です: お久のブルーノート:

« 桜の中の激走 | トップページ | 桜とギターとランナーと・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ