« 赤坂*コム・ア・ラ・メゾン | トップページ | 桜の中の激走 »

2008年4月 2日 (水曜日)

赤坂サカス☆『トゥーランドット』を観た

200804012147000 とってもラッキーなことに!D通のお姉さまから『トゥーランドット』のチケットを頂き、観に行ってまいりました☆

場所は赤坂ACTシアター。ずっとずっと工事をしていたTBS敷地内です。

なるほど、こんな工事をしていたのですね。。。

赤坂駅からのアクセス、ショップ、街並み・・・「うわぁっ」です。名付けて「赤坂サカス」です。坂の複数形ですね。

して・・・『トゥーランドット』

シアター内は贈られたお花の香りが充満しておりました。すごーーーーいです。

で、開幕。

なんといっても衣装がすごい!姫の衣装なんて、遠くから見ても「ゴージャス」がわかり得る織物。重たそうですが「ゴージャス」。ベースが青いので「結婚式で打ちかけにしたい。サムシングブルーってことで」と思わずつぶやいてみた。 ワダエミさん、さすがです。

びっくりしたことは、安倍なつみさんが歌がお上手だったこと。さすが歌手。

びっくりしたことは、中村獅童さんが歌がお上手ではなかったこと。なぜ歌わせたbomb

トゥーランドット姫役のアーメイさん。アジアの歌姫というだけあって、歌がとってもお上手lovely 素敵でした。 ただね、日本語のセリフに迫力がないのね~。「そこ、もっと盛り上げなきゃっ!」ってところで盛り上がれなかった。

岸谷さんは、あんまり好きじゃないのでコメント無し。

いいな~って思ったのは北村有起哉さん。おもしろい俳優さんですね。もっといろんな舞台を観てみたいと思いました。

一番光ってshineいたのは、もちろん「流し目王子」早乙女太一さん。素敵です。宦官役がとてもお似合いでした。舞いもすばらしかったですlovely 「次に生まれてくる時は宦官なんかになってはだめだよ」って安倍なつみ扮するリューが言っていましたが、次に生まれてくる時も宦官とはいいませんが、そっち系でお願い致しますm(__)m。

そういえば、休憩時間中にジュースを飲んでいたら、大学の友人、井田に遭遇してびっくり!井田もびっくりしてた。みんなにOtomeは元気だとお伝えくだされ。 

最後は真っ赤な舞台。赤は落ち着きます。素晴らしいです。派手です。でも素晴らしいです。

・・・平和にあっさり舞台は閉じました。

・・・そして次は・・・・・・花の香りにつつまれながら、濃厚フレンチへdelicious

« 赤坂*コム・ア・ラ・メゾン | トップページ | 桜の中の激走 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/12135568

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂サカス☆『トゥーランドット』を観た:

« 赤坂*コム・ア・ラ・メゾン | トップページ | 桜の中の激走 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ