« 母、戻る | トップページ | 初*クロスカントリー »

2009年1月 3日 (土曜日)

箱根駅伝で思いの強さを感じました

 

2009年の箱根駅伝を一言で表すと・・・

 

「泣けた」。

 

2日は引きこもってテレビ観戦。モグモグの激走と、ダニエルのごぼう抜き、佐藤くんのきれいな走りに画面クギヅケ。スターの影に隠れていたけど、順位を押し上げている選手に感服。

そして・・・5区。見覚えのあるメガネスーパー。私も走った5区。私は3時間かかったあの箱根の山登りを、柏原くんは1時間17分で上って下った・・・・・・・。箱根ランナーってスゴイ!

あの傾斜、ただもんじゃないのにcoldsweats01 挑戦すること自体すごいことなのに・・・。その速さって何sign02 速さというより「強さ」。

 

監督への思いなのでしょうか。。。そう思ったら涙しました。

 

「もし優勝なんてしたら美談だよね~」って冗談で話していました。それが往路とはいえ現実となった2日。

 

そして3日。お昼過ぎに大手町で見ようとのことだったので、ゆっくり洗濯しようと思っていたら「11:15保土ヶ谷」との連絡。朝、走ってきたので、急いでシャワーを浴びて準備。無事に保土ヶ谷に着けましたscissors 良かった、母校の笹谷くんも見たかったから。。。

みんなで保土ヶ谷で応援。1名怪しい方がいましたが、気にせず応援。

「大津!後半だぞ!!」

隣にいた怪しい方が叫びました。

それが聞こえたのか聞こえなかったのか・・・・・大津くんは後半、追ってくる早稲田を大きく引き離しました。

神の声?だったのでしょうか。

 

今年も笹谷くんを無事に拝め、みんなで八重洲へ。場所取り失敗。来年はもっといいポイントを探しておこう。

200901031330000 人の力ってすごい。頑張っている誰かの為に、何かを成し遂げ、それを支援するかのように、またみんな頑張る。その終わりのないループ。箱根の場合はタスキでつなぐことでしょうか。

 

最後、総合優勝が現実となった時は、ただただ選手みんなの気持ちの強さに感服しました。

 

最後の胴上げもせずに、コースに向かって一礼されたとか。指示された訳ではなく、自分たちで考えられた、というところが、人間として素晴らしい集団だと思います。

 

と、いうか胴上げ・・・したい人がその場にいなかったから?

 

・・・ともかく、良かったです。嬉しかったです。歳の初めに素晴らしいものを目の前で見させて頂きました。

 

で、私たちはというと・・・新宿で勝手に祝賀会しました。再び現れた怪しい人の正体もわかりcoldsweats01、みんなで彼を囲んでの宴。本当におめでとうございます!そして・・・お疲れ様でした。

 

その後、本当の「胴上げ」を目の前で見させて頂きました。みんな、やっと出来たねhappy01 ただただ、涙です。 

 

今日の気持ちを忘れずに、これからの人生を素晴らしいものにしていって下さい。

 

ドキュメンタリードラマを書きたくなるような一日でした。

おまけ。こんなんありました。

200901060924000_2 

« 母、戻る | トップページ | 初*クロスカントリー »

スポーツ」カテゴリの記事

走ること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/26842643

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝で思いの強さを感じました:

« 母、戻る | トップページ | 初*クロスカントリー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ