« すっきり | トップページ | マツキの結婚式 »

2011年5月24日 (火曜日)

行って良かった・・・

日本にいるなら何かしなきゃ。あれだけパリでいろんな方に応援されたのだもの。

 

って、ずっと思ってきた。けど、なかなか実行に移せなかった。

 

でも、「現地を見てくることが大事」

 

って言われ、取りあえず仙台に住むMihoちゃんの無事を確認しがてら、宮城県のT市に行きました。

一応、手ぶらでは失礼なので「土のう袋」を持って。

 

仙石線乗り場は昔の面影がなく、とても近代的になっていました。

車窓からは普通の景色。災害があったことを彷彿させるのは瓦屋根が落ちている家が数件あったこと。津波の被害は見受けられない。海から遠いのかな。

また、田んぼには苗が植えられていて、ここは津波の被災地ではないことがわかりました。

 

そして、T市の駅に降り立ちました。

うん、普通の景色。でも、駅前に沖縄の自衛隊がテントを張っていました。浴用みたいです。

市役所の前に設置された災害センターに行くと、土のう袋は喜ばれました。良かった。

 

受付の女性と話しているうちに、ボランティア活動に参加することになりましたcoldsweats01 GWを過ぎたらめっきりその数が減ってしまったとか。

軽装でしたが一応汚れてもいい服を持っていっていたし、長靴は貸していただけました。

 

仙台港からそんなに離れていない場所での側溝の泥出し作業でした。朝から作業をされていたところでの増員、とのこと。

着いたら丁度みなさんはお昼休みでした。

一見・・・何の変哲もないちょっとした分譲地。そんなに津波の被害があったとも思えない。

私はそんなにお腹がすいてないなかったので迷っていると、一緒に行った人たちも「僕たちはお昼は終わったので、すぐに作業出来ます」っておっしゃってくれた。

早速泥出し。

側溝は泥がびっしり詰まっていました。雨が降っても流れないよね。。。

全部で12、3人(うち女性3名)でしたが、みんな黙々と作業しました。

お向かいの奥様も手伝ってくださりました。

 

「こんなにみなさんが、いろんなところから私たちのことを忘れずに来てくれて、本当に嬉しい。こんなに黙々と作業を一生懸命してくれて、本当に嬉しい。」

って涙を流されていらっしゃいました。

奥様は津波に流され、自衛隊に助けられたとか。

依頼主のお宅は一見、難を逃れたかのようでした。

でも、実は1階部分はほとんど津波が押し寄せたという地域でした。2階に避難した人が助かったと。。。

 

よく周りを見渡すと、車が斜めになって転がっていたり、少し古い家は掃き出し窓が全開、というより壊れて、中はがらんどう・・・。

「もうあそこには誰も住んでいないよ」と依頼主のご主人。

ここも大変だったんだ。

「うちの中、見てってよ」とそのご主人に言われたので、拝見させて頂くと・・・「これから内装工事が始まるのですか」のような状態でした。しかもこの状態になるまでにしたのはご主人。なるほど、玄関前には建具やら床材などが束になっている。

「大工がいつ来るかわからないから、床下には魚もいるし、全部自分でやったんだよ」と。

怪我、なさらないでくださいね・・・。

あ~、どこのメーカーさんも大変なんだな~。

また外壁が2箇所、かなり損傷していました。コンテナか何かが当たったのだと思います。

それ以外はほとんど損傷無し。その辺りの方々はみなさん2階で暮らしていらっしゃるとのこと。

 

作業が終わり、一度センターに戻ってから、1人で仙台港の方まで1時間ほど歩きました。

 

ここも一見、なんの変哲もない広々とした大きな道。

 

この辺りは工業地帯なので、きっと建物がたくさん建っていたのだろう。空き地がたくさん。

街路樹には書類と思われる紙切れがびっしりこびりついていました。

歩道は陥没していたり・・・。

がらんどう、って外から分かるほど、建物ががらんどうだったり。

 

申し訳ないけど、マスクをしました。

 

臨海鉄道の引込み線でしょうか。レールが曲がっていました。 

家がつぶれていました。

電柱が根こそぎ倒れていました。

車はまだ転がっています。

 

そして、イオンが見えてきました。

何度も見た映像では、今自分が立っているところは海の一部となっていた。なんだか不思議。

 

しん、とした静けさの中、涙が止まらなくなりました。

 

なんと表現したらいいのだろう。

地球の力の恐ろしさ。

計り知れない。

 

仙台駅に戻り、Mihoちゃんとお茶。

いろいろ語り合いました。

それでも、元気そうでなによりです。けんちゃんには会えなかったけど。

大変だったね。。。最初は電気だけしか通ってなかったよね。

それでも、東京にも戻らずに仙台で二人(と1匹)で頑張ってたお2人。。。もう東京に戻ってくればいいのにって思わず言ってしまいました。

そうはいかないよね。

 

Mihoちゃんと別れ、せっかくだから5000円のやまびこチケットで新幹線に乗りました。

携帯を見ると偶然にも数週間前にボランティア活動をしたぶっちーから飲みのお誘いbeer

やまびこだから東京に着くのは遅いけど、明日休みだからいっかhappy01

 

そして、終電まで被災地について語る・・・。もちろん浦霞を飲みながらbottle

ちょうど今の気持ちを分かってくれる人と話せて良かった。

ありがとうです。

 

なんだか大事な1日だった・・・のかも。

 

« すっきり | トップページ | マツキの結婚式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/40135277

この記事へのトラックバック一覧です: 行って良かった・・・:

« すっきり | トップページ | マツキの結婚式 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ