« 松葉杖よ、さようなら・・・ | トップページ | 久しぶりのウォーキング »

2012年12月18日 (火曜日)

アメリカの銃乱射事件に思うこと

アメリカで銃乱射事件が後を絶ちません。

今回のコネティカットの小学校での惨劇はひどいものでした。

 

コロンバイン高校、バージニア工科大学など・・・忘れることは出来ません。

 

とはいえ・・・ほぼ対岸の火事。

と、つい最近まで思っておりました。

 

 

12月12日(現地時間11日)

私が高校生の頃からオレゴン州のポートランドに行くたびに通っていたClackmas Town centerで銃乱射事件がありました。

2名の買い物客が死亡、容疑者は自殺。

 

なんて勝手な。

あの平和そのもののポートランドで。しかも、あのショッピングモールで恐ろしい事件が起こるなんて信じられない。

しかも、自殺した容疑者は、「誰からも愛される人」だったという。

そういう人が何故。

 

銃がある社会だからいけないのか。

「誰からも愛される人」が豹変してしまうような社会なのか。

アメリカの一般社会から銃を無くしてほしい。

世界中の一般社会から銃を無くしてほしい。

 

誰もが安心して暮らせる社会になってほしい。

 

 

関係ないけど、あのショッピングモールにはスケートリンクがあり(まだあるのかな)かの、トーニャ・ハーディングが毎朝練習していました。彼女は元気なんだろうか。。。

 

 

 

« 松葉杖よ、さようなら・・・ | トップページ | 久しぶりのウォーキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/768/48374539

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの銃乱射事件に思うこと:

« 松葉杖よ、さようなら・・・ | トップページ | 久しぶりのウォーキング »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ