心と体

2007年11月14日 (水曜日)

走れない日

昨日・・・あまりにびっくりして、悲しくて、お店のトイレでこもって大泣きし、その勢いで朝まで起きていたので、今日は朝から疲れ気味。睡眠2時間だし。

さっさと休日の家事を済ませ、両親と待ち合わせしている日赤へ行き、おしゃべりに付き合う。もちろんただのおしゃべりではなく、悲しく、たまに笑えるおしゃべり。

笑えるといえば・・・父は「MRI」のことずっと「イモ洗い」と思っていたらしい。ぜひ発音してみてください。納得するはず。父、それ頂きましたm(__)m おもしろい。

みんなが元気になったようなので、帰ることに。今日は走れないな、このまま寝ようかな・・・と思ったけど、ナイキのチケットが期限が明日までということ、少しは走っておかねば・・・ということでやはり走ることに。

元気の出そうなウエアを持って出かけました。まず天王洲にあるナイキへ向かいお買い物。たくさん買いました。そして、日比谷へ向かい元気の出そうなウエアを着て走り出しました。ピンクのジャケット・赤いランスカ・赤のソックス(見えないけど)を来て逆走していたのはOtomeです。

走り出してすぐ、日比谷の交差点まで着かないうちに走れない自分に気付きました。

寝ていないから・・・いや、あまりに悲しかったからだと思います。

そんな時は走れないんだな~。でも少しでもラクになることを期待して走りました。

こんな時は逆走。同じ道でも景色が変って楽しいです。東京タワーが良く見える。今日は青。糖尿病関連らしい。

逆走するといろんな人に会えます。そしてどんだけ多くの人が走っているかに驚きます。今日は同期のCTくんも走っていました。YokoちゃんとNaoちゃんがかわいく走っていました。Hikaruちゃんは初皇居の女性を連れて走っていました。

1周走ったらほんの少しだけもの足りなさを感じたので、三宅坂を1キロ地点まで上ってみました☆ そして信号のところで折り返して・・・手を大きく振って一気に下りました。気持ちがいい♪

こんなところでやめておこう。

やっぱり気分が乗らない。宴ではいつもガンガン食べるのに、走ってないから食べれないし、凹んでいるから飲めない。

でも、そんな私にみんなは優しかった。

Naoちゃんはいつもの笑顔で励ましてくれた。Yokoちゃんは肩を抱いて元気を出させてくれた。Hikaruちゃんはストレートに「暗いよ」って指摘してきて思わず笑ったけど、帰りに意味不明メールで励ましてくれた(と、思う)。

元気、頂きました。ありがと☆

2006年4月 5日 (水曜日)

吉祥寺*十字式健康普及会

おそるべし!十字式健康普及会!!

半月くらい前、左足に激痛が走りました。「げげっ!!この痛みは・・・坐骨神経痛か椎間板ヘルニア再発か・・・(>_<)」

そしてお休みの日に吉祥寺にある十字式健康普及会に行きました。

以前は怪しい黒い鉄の扉があったのですが、入り口だけリフォームしたようで普通のお医者様のような自動ドアの入り口になっていました。

奥から聞こえる「ふっ!うっ!うっ!」の掛け声。何気にいつも待合室には多くの人。平日なのに~。

しばらくして名前が呼ばれ施術室に入室・・・。

下着を取り、ブラウスを反対に着て、背骨をだします。男女別れて呼ばれるので安心。でもその格好でずら~っと並んで待つんですよ。ちと恥ずかしい(>_<)

そして私の番。背骨にパウダーをつけて曲がり具合をみます。「左に引っ張られてますね~。筋肉が硬くなってます。」ひっ、ひだりに引っ張られている?????思い当たる節が・・・。

そして私にも「ふっ!うっ!うっ!」の掛け声。「はい、これでよくなりますよ~」と。

そう、だいぶ痛くなくなりました・・・。

でも翌日からペットショーで4日間幕張通い&立ちっぱなしだったので、痛みは無くとも違和感が残り・・・。で、本日また行ってみました。

違う先生でしたが、言われたことはほぼ一緒。また「ふっ!うっ!うっ!」の掛け声。

そしてそれから6時間たった今・・・。違和感がほとんど無い。。。。。相変わらずスゴイです。

初めて行ったのは8年くらい前。結婚して重たい食材を毎日買って帰り、慣れないお掃除お洗濯などをしていたら立てなくなる痛みに襲われました。中国整体なども行ったけど全然ダメ。余計に痛くて。上司に勧められ、「だまされたと思って」十字式に行ってみました。なぜ「十字式」というかというと、キリスト教の「癒し」からきているそうです。だからって宗教色はほとんど皆無。あるとしたら信者さん(Catholic・Protestant問わず)割引。そして恐る恐る施術してもらったら・・・・・1度で治ったんです!不思議でしたよ~。もともと椎間板ヘルニアだったので、たまに腰痛に悩まされるのですが、3年持ちました。肩こりなどで、2年に1回くらい行ってますが、だいたい1度ですみます。ただ、合う人合わない人はいるみたい。

腰痛・肩こりなどにお悩みの方、だまされたと思って1度行ってみてくださいませ。

吉祥寺以外にも北海道中心に全国にありますよ。

2006年2月27日 (月曜日)

夢をかなえる方法②

では、本題の『夢をかなえる魔法BOOK きっと見つかる幸せの階段』のご紹介へ。

ご紹介って言っても、私はまだざっと読んだだけですし、ぜひみなさんに読んで、体験してもらいたいので、、、、、ま、ざっとご紹介(*^。^*)

ある日、カナ(著者 吉野 奏美さん)が「みんなが幸せになればいいのにな」って、私から言わせれば天使のようなことを思いました。そうしたら「長老」がやってきて「これを翻訳してください」とカナに言ったそう。それから続くカナの不思議体験と勉強、執筆の日々。

ある時タロットカードに出会い、長老が言った「翻訳」の意味を理解!タロットと言っても占いじゃないですよ。カードに秘められたメッセージ。それこそが「幸せになるためのステップ」だったのです。

書店にたくさん「夢をかなえる~」的なタイトルの本が見受けられます。これらは大抵そのステップの「一部」らしいです。大アルカナ21枚のカード全てのステップを踏まないと夢はかなわないみたいです。

そこでカナは21枚全部翻訳しました(~_~;) カナちゃん、お疲れ!

書店に並んだ本を見てびっくり!神秘的な装丁と難しそうな文章を想像していたのですが、白地にピンク色が使ってあって、とてもかわいい本でした。中身もピンクとブルーが使われていて、さらにカナのイラスト入り。タロットの翻訳なんて思えないよ~。

でもね、これがカナの狙いなんです。誰もが親しみやすく、簡単にステップを踏めるようにしているのです。そのステップを書き込めるドリル式。1ステップずつマイペースでやっていくもの。1つのワークが終わったら次の扉を開けて次のステップへ。

そんな感じの本です。

カナの夢はこの本を出すことだった。出版された今振り返ると、自分自身このステップを踏んできたと。だから夢がかなったんだね。タイミングがずれるともがいてもだめだしね。それを見てきたから、書店に並んでいるのを発見したときは心から嬉しかったです。(カナ、ホントだよ!)

自分の夢って、日々の生活におわれ、よくわかりませんでした。でもカナにこの本の話を聞いてから意識するようになりました。

夢はいくつかあるけど、ひとつずつステップを踏んで幸せをつかみたいな。

みなさんも是非、体験してみてください。

2006年2月26日 (日曜日)

夢をかなえる方法①

大事な夢がかなったら、どんなにうれしいでしょう。そしてみんなが幸せになったらどんなに素晴らしいでしょう。

夢をかなえる為にはあるステップを踏むことが大事。そんなステップを教えてくれる本に出会いました。

『夢をかなえる魔法BOOK きっと見つかる幸せの階段』 吉野 奏美 著

幼馴染であるカナの2冊目の本。4年間かけて書いたという。

最初にカナをご紹介します。 ピアニストであり作曲家、そしてセラピストとしても活躍しています。いったい何が「本業」なんだろう?(笑)

ピアニスト・作曲家としてカナが2001年に出したアルバム『Angel Heart』は口コミで広がって行きました。このCDが「偉大だ・・・・」と思ったのは、つい先日。確かにこれまで「疲れたときに聴くアルバム」として何年も聴いてきました。悲しいけど達成感を感じた不思議な日、なんとも言えない気持ちになり大泣きしました。聴きなれたはずのこのメロディをふと聴きたくなった。すると耳元で「大丈夫だよ」って聞こえたような気がしました。びっくりしました。このメロディにどんな威力があるのか。。。。

セラピストとしてのカナ。私も今までに3度、カナに救ってもらいました。悩んでいる時、不思議な体験をした時、心が病みかけた時。カナのおかげで前を向くことが出来ています。

そんなカナが書いた魔法BOOK。書いている途中の話しや、出版までにいたる話しも聞いていたので、書店に並ぶのが楽しみでした。

長くなりそうなので(^_^;)次の「夢をかなえる方法②」で本のご紹介をします。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ