音楽

2008年8月 9日 (土曜日)

2年ぶりの情熱大陸スペシャルライブ

久々に、葉加瀬太郎氏がホスト役を勤める「情熱大陸スペシャルライブ」に行って参りました!

2003・04・05・06と毎年行っていたのですが、去年はなぜか行かなかった・・・。

そして今年!

 

泣けた曲が多かった。

佐藤竹善  『サヨナラ』 誰の歌だっけ?とYokoと語るも結論出ず。帰宅後横向きで歌うきれいな男性を思い浮かべる・・・あ、女性ヴォーカリストの「GAO」だ。

フミヤ    『TRUE LOVE』 あすなろ白書。 直立不動になりました。涙が出そうになった。

小田和正  当然『ラブストーリーは突然に』 懐かしすぎる。「カ~ンチ」ですね。いろんな想い出がよみがえります。

 

今回はまたまた雨が心配されましたが、竹善さんの行ないが良かったとかで降らずにすみました。大きなゴミ袋が配られたりと、雨対策(ゴミ袋に荷物を入れる等)はお互い万全だったのですが、結果的に良かったですwink

 

竹善さん、毎年このステージを見ると「アルバム買おう!」と思うのですが、結局そのまま1年が過ぎ・・・でした。今回は2年が過ぎちゃったcoldsweats01 でもやっぱり気になるこのヒト。結構好き。

 

意外に楽しかったステージは「キマグレン」。いやぁおもしろかったhappy02 一生懸命歌っていて、舞台から降りちゃってダッシュしながら歌ったり。「泣きたくて、笑いたくて・・・」一緒に歌っちゃいましたよん。表情が豊かな人たち、楽しいステージをありがとうnotes

 

フミヤ様はステキlovely 40代後半になってもカワイラシイ彼。あの歌声は健在。それにしても『TRUE LOVE』を生声で聴けるなんて・・・Otomeシアワセheart04

 

小田さん、きれいな声・・・・・。うっとり・・・・・。『言葉にできない』はかつて明治生命のCMが思い出され、なんだか泣けてきました。感動的なCMでしたから。また、タイトル忘れたけど、竹善さんとたろさんとのジョイントは素晴らしかったです。『ラブストーリーは突然に』はね~、みんなで大合唱!舞台から降りてきて、走り回ってましたね~。60歳とは思えませんっ!

  

そして、やっぱりたろさん。

エネルギッシュですね~。ステキです。これだけのミュージシャン・スタッフ・観客を集めるなんて素晴らしすぎます!

毎年毎年ありがとうです!

 

2008年4月 3日 (木曜日)

お久のブルーノート

Charles Lloydじいさんのサックスを聴きにBLUE NOTEへ行きました。

・・・って会社の先輩がm嬢さんと私を誘ってくれたのですが・・・。

会社を出る直前に上司とドンパチがあり、一度は諦めたのですが、頑張って頑張ってお仕事して、なんとか開演2分前に到着!汗だく!

前を見るとIDEEが無い。なんだか淋しい。

そんなことを思いながら、先輩とm嬢が待つ席に座る。飲み物オーダー、すぐに始まる。

サックスの甘い音色・・・ドラムスの意外な動き。バチさばき。

じいさんがドラムスの方に演奏をお任せして、おさぼりしていたのを見逃しませんでしたsmileまあ、すごいドラムスのテクニックだったので・・・許す。

今日の収穫はBLUE NOTEでも照明が「く」なるということ。アリなんだ。

ドラムスの方はEric Harlandさんとおっしゃるらしいです。これからが楽しみですねnote

    

2006年11月 3日 (金曜日)

サントリーホールで都響を・・・

その日は朝からのどの調子が悪かったのですが、とりあえずお仕事へ。

悲しいことに、その日のお仕事は新商品棟での撮影で、室内だというのに終日コートを脱げないほど寒い思いをしていました。そして声のトーンがdown down down...

今日はA吉さんとサントリーホールで都響のオーケストラを聴きに行くのに・・・。

そんな私の焦りとは裏腹に、気温は下がる一方、撮影は滞り気味。。。なので、いわゆる「定時」になったらサクッと帰ることに。

さて、六本木一丁目まで急げ~~!!

駅で待っていてくれたA吉さん。私の声にならない声にびっくり!風邪、うつしたらゴメンね・・・、と思いながらホールに入りました。

初めて来たサントリーホール。ここにはパイプオルガンがあります。かつて母校にパイプオルガンがやってきた時に「ここのパイプオルガンはサントリーホールの次に大きいのよ」とシスターが言っていたのを思い出します。

そして開演。ドキドキ。。。

演目は 

「マニトウ」マリー・シェーファー   シェーファー氏ご自身がいらっしゃっていました。ひょこまかひょこまかした曲。まさに「マニトウ(精霊)」

「ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35」 チャイコフスキー  矢野玲子さんのヴァイオリンがダイナミックで素晴らしかったです。A吉さん曰く「フランス仕込みだね」。ホント、全身を弦に委ねて奏でているかのような演奏でした。

「管弦楽のための協奏曲」ルトスワフスキ  なぜかハープに引き込まれていた私。ポロ~んポロ~ンのイメージが強かったのですが、これまたダイナミック。

チャイコフスキー以外は聴いたことのない曲だったので、オケ初心者(入門者)の私としては何も言えません。。。ただ、と~っても具合が悪く、身体が重く、ひどい状態であったのにもかかわらず、終演後はとっても気持ちがよくて、ついついワインに走ってしまいました☆

やっぱり音楽って素晴らしい!!!

2006年8月 7日 (月曜日)

今年も行きました!情熱大陸Special Live!!

2003年のよみうりランドから毎年かかさず行っている「情熱大陸Special Live Summer time Bonanza」 今年も行ってまいりました!

いやぁ暑かった。昨年は曇り、その前はどしゃぶり、その前は適当に木陰で涼んでた。

でも今年は逃げ場がなく・・・。

印象に残ったアーティストは、まず柏木広樹さん。映画「冷静と情熱のあいだ」のチェリストといった方が分かる人が多いかも。葉加瀬太郎さんのLiveには必ずいらっしゃいます。そんな彼が今年は「出演者」として名を連ねてました。しゃべりもあってびっくり!大人しい印象が強かったですが、割とそれなりでした。もちろんチェロの演奏はピカいち(ってよくわからないけど)。

200608051631000 次に小野リサさん。もうボサノバ女王です。暑かったけどさわやかな風が吹きましたよ。

アンジェラ・アキさん。歌、うまいですね~。そして全身でピアノを弾いている。開場全体が引き込まれてました。そんな彼女の関西弁も聞くことができました。かわいい方でした。

与世山澄子さん。まったく知らないシンガーでした。その歌声は素晴らしい!かっこいい!八重山出身のジャズシンガーだそうですね。パンチのある歌声がなんともかっこよかったです。

200608052038000 渚のオールスターズも再結成されました。ひじょーに懐かしいですね。ムッシュの「バンバンバババン ババババン」楽しかったです。春畑さんってもう40歳くらいですよね。近くを通ったのですが、いつまでたっても若い!

そして葉加瀬太郎氏。毎年おちゃめでかわいい。そしてパワフルなヴァイオリン。あの音色。。。あぁ、夏が来たってカンジでした。今年は雨が降らなくて良かったね♪ 毎年毎年楽しいLiveをありがとう!

それにしても暑かった。。。熱中症気味になってしまいました(>_<) それでも楽しかったぁ(*^_^*)

2006年6月26日 (月曜日)

THE BIRTHDAY OF Rei AYANAMI

『THE BIRTHDAY OF Rei AYANAMI』

だと思うんです。今、私が聞いているCD。

お仕事関係の方がエヴァ好きな私にコピーしてくださったのですが(好きなら買え?)、タイトルがわからない。

でも、最初にReiちゃんの『残酷な天使のテーゼ』から始まるので、たぶんこれだと。曲間に「さよなら」とか入るし。

「さよなら」ってきたら、「ドッカーーーーン」と自爆しちゃいそうなカンジ。

でもね~高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』も途中に入ってたのですよね~。ま、なんでもいいか。

萌系(?)の方々にはたまんないアルバムだと思いますが、普通の人にも結構しっくりくる、というか割とかっこいいアルバムです。最後の2曲『THANATOS』『FLY ME TO THE MOON』がお気に入り♪ オススメです。

2005年11月29日 (火曜日)

私を励ましてくれたメロディ

2001年にピアニストである幼馴染がCDを出しました。

きれいな旋律で、聴いているだけで幸せな気分になる不思議なアルバムです。

でもね、もっと不思議なことがあったのです。

ものすご~く悲しいことがあったある日、泣きながらこのアルバムをかけてました。

そうしたら「大丈夫だよ、泣かないで」って聞こえてきた「ような」気がしました。

するとね、心がふっとすっきりしたんです。

一日中泣いていたのに、その瞬間から泣いていたことがばからしくなっていました。

悲しいとき、友人に励まされたことは多々あるけれど、音楽に助けられたのは初めて。

このハナシをピアニスト本人にしたら笑ってましたが・・・・・。

音楽って実は太古の昔から不思議な力を持つものなのかもしれませんね。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ